大又から明神岳&桧塚奥峰ピストン::つばや菓子舗五代目ブログ

つばや菓子舗五代目ブログ

五代目の四方山不定期更新日記

大又から明神岳&桧塚奥峰ピストン
OTさんと嫁さんをデリカD:5に乗せて、やはた温泉PでIS君と待ち合わせ。
待ち合わせ時間にIS君から電話
IS君「道の駅美杉に来てるんやけど・・・」
2019-01-07 10-38-21
私「あんさん、そらアカンわ。1時間かかるやん。私達もう出発するわ。追いかけてくるなら単独でお願いね。」
IS君「う・・うん」
山行日:2019年1月7日
IS君、桧塚奥峰に縁がない。
2014年は行き先が分からない彼がトップを勝手に歩いて自爆遭難。彼だけ桧塚奥峰に行けず。
2017年は沢登りで奥ワサビ谷から桧塚奥峰を実施したが、このときも待ち合わせ場所の予習を怠って集合時間に間に合わず=未踏峰。
3度目の正直・・・三回目も一緒に登れないのね(^_^;)

さて、この日の大又林道は雪が全く無くノーマルタイヤでも駐車場に来れるような事態。
2019-01-07 08-18-06
でも、雪解けや山水が日陰では凍っていて簡易舗装林道はブラックアイスバーン。
2019-01-07 08-33-03
思わずアイゼンをつけたくなるほどだったが路肩を攻めてヨチヨチ歩き。(OTさんが転倒して顔に軽傷(^_^;)
登山道もほとんど雪が無いんだけど、これが、かえって怖い。
雪解け部分が凍って滑る滑る。
でも標高の高い場所は霧氷が白く輝いていてテンションUP!
2019-01-07 09-11-21
凍結は特に明神滝周辺の日陰はツルンツルン。
2019-01-07 09-35-50
沢は一部凍っているし
巻き上がる登山道も昨日までの登山者たちの圧雪&雪解けで超ツルツル。
2019-01-07 09-40-25
明神滝周囲が凍っている。
2019-01-07 09-40-30
滝の上に来ると霧氷が付き出して、標高を上げて標高1200mを超えるとドンドン白い世界に!
2019-01-07 10-16-31
この界隈だけ霧氷なのです。
2019-01-07 10-32-23
遠くに金剛山と水越峠と葛城山

写真撮影にキリがない嫁さんを急かして「あしび山荘」前広場を通過。
2019-01-07 10-35-47
この日は天候が良く青空だけど気温が冷たく風もソコソコで寒い。
幸いにもトレースがあるのでラッキー!と明神岳へと急ぐ。

三叉路から尾根を歩くと南に大峰の山々が見える。
2019-01-07 10-53-14
奥の左から孔雀岳、釈迦岳、仏生ヶ岳・・・ら大普賢岳、その後ろに仏経ヶ岳、弥山、阿弥陀が森

そして北に展望は室生火山群の尼ヶ岳と大洞山
2019-01-07 10-57-01
明神岳へあと僅かというところで、明神岳から引き返してきた3人パーティー。
お互いに良い日にこの山に登れたと笑顔で挨拶。

さて、明神岳から先はノートレース?&雪が深い?
2019-01-07 11-10-11
ズボズボと膝下くらいまで潜るが、途中から昨日までのトレースがあることに気付き、それを使うことにした。ラッキーである。

判官平でお昼ご飯のカップ麺。太陽が出ていると温かいのだが、雲がすぐに太陽を隠してしまう。早々に歩き出さないと身体が冷え切ってしまう。

好天の割に気温が上がらないという好条件のおかげで12時を過ぎているのにP1394付近も霧氷がまだ残っている。
2019-01-07 12-19-10
樹間から見える白いピークは桧塚奥峰だ!

桧塚奥峰への最後の上り坂も「どぴーかん青空」で霧氷がキレイ!
2019-01-07 12-27-39
12:33桧塚奥峰に到着。
2019-01-07 12-33-33
しばらく眺望を楽しむ。
大台ケ原から大峰の山々
2019-01-07 12-35-17
桧塚方面を見れば右に迷岳
2019-01-07 12-35-22
左に局ヶ岳、栗ノ木岳、修験業山と見える
その続きの北東には平倉峰と三峰山の八丁平の雪
2019-01-07 12-39-35
遙か向こうに霞んで青山高原の風車群も見える

帰りがけの鞍部の大ガレから、
2019-01-07 12-49-21
左から馬駈ヶ場、高見山、住塚山、兜岳、鎧岳、紅ヶ岳、古光山、倶留尊山

ゆっくり山座同定を楽しんだので、とっとと帰りましょう!
次回の山行候補地としてP1394の分岐を確認。次回はヒキウス平を目指して桧塚劇場を堪能しよう!

13:12判官平まで帰ってくると前方よりIS君!!
2019-01-07 13-12-14
私達のトレースを頼りに追っかけてきたもよう。
・・・て、いうか?
なんでオマエはここで仕事の電話してるねん?
今日は雪が降っていないので私達のトレースが残っているから桧塚奥峰まで行ってくる?と聞くと「うん」と行ってしまった。

明神岳の巻道ルートを歩いてみると霧氷が全く解けずにキレイに残っていた!
2019-01-07 13-54-36
は~大満足。
下山!下山!

でも明神滝の上部からの下り道は相変わらず凍っていて歩きヅライ。せっかく持ってきたのだからとアイゼンを装着して、最初の渡渉までガリガリ歩いた。
2019-01-07 14-36-37
今日は本当に来て良かった!

山行日:2019年1月7日
グループ山行@月曜散歩
参加者:3名(OT、TY、TK)+ISM
ピストン
霧氷
アイゼン
MAP
6:00伊賀自宅
7:00某駅
7:35やはた温泉P7:45

8:05大又林道P8:17
8:51林道終点
10:35明神平(アズマヤ前)
10:52三ツ塚
11:06明神岳11:09
11:41判官平12:04
(昼食23分)
12:15 P1394
12:33桧塚奥峰12:45
12:55 P1394 13:00
13:12 判官平 13:18
14:09明神平(アズマヤ前)
15:37大又林道P
HYOUKOU
距離:12.749km
沿面:13.090km
所要時間:7時間19分
(うち昼食23分)
累積標高プラスマイナス1156m
最低標高:679m(駐車地)
最高標高:1432m(明神岳山頂)

駐車場に戻ってきて車の鍵をあけて、後ろを振り返ったら!え?IS君?もう、戻ってきたの!?
やっぱり、あんたの足は早いわ(^_^;)
| 山登り::台高山脈 | 01:56 PM | comments (0) | trackback (0) |

コメント


PAGE TOP ↑
コメントする









右下の四角い枠に絵の中の文字を入力して下さい:

http://blogn.tsubaya.com/tb.php/550
トラックバック

PAGE TOP ↑